Xperia X Performance レビュー【スペック・デザイン編】 #Xperiaアンバサダー

Xperiaアンバサダーで発売前のXperia X Performanceをお借りしています。
今回お借りしたのはドコモ版で色はローズゴールド。なおお借りしている機体は開発機のため実際の仕様とは異なる場合があります。

Xperia X Performance SO-04H | ソニーモバイルコミュニケーションズ
ソニーモバイルコミュニケーションズの携帯電話「Xperia(TM) X Performance SO-04H」の製品情報。

いろいろ弄くってみたので軽くレビューです。

S_4467123206051

スペック

御存知の通りSnapdragon 820を積んだよくある夏モデルの仕様です。

  • 型番 Xperia X Performance (SO-04H)
  • 発売 2016年6月
  • サイズ 143.7 x 70.4 x 8.6 mm 165g
  • ディスプレイ 5.0インチIPS 1080 x 1920
  • チップセット Qualcomm MSM8996 Snapdragon 820
  • メモリ 3GB
  • OS Android OS, v6.0.1 (Marshmallow)
  • WiFi ac/a/b/g/n
  • バッテリー 2570mAh

なお海外版のデュアルSIMバージョンではデュアルスタンバイに対応するとの噂もあるので楽しみですね。

またベンチを取りたかったのですが開発機のため各種ベンチマークアプリが動作しませんでした。残念。

デザイン

メタルボディにサンドブラスト加工というなかなか高級感のある外装です。ホワイトとグラファイトブラックはヘアライン加工のようです。
S_4467124519997
表面にはソニーロゴ。
S_4467121734249
フロントスピーカーは両側から音が出るためステレオに聞こえます。
S_4467124270693
底面にはmicroUSBを搭載しています。USB Type-Cでないのがやや残念です。
S_4467123922222
側面は電源ボタン兼指紋認証。ボタンを押すのとほぼ同時にロック画面が解除されます。
S_4467123768682
わかりにくいですが2.5Dガラスを採用しており、ディスプレイの縁が丸くなっています。
S_4467122369340
イヤホンジャックは左上。ノイズキャンセリングにも対応しています。
S_4467123635324
左側面のSIMスロットを取り出したところ。nanoSIMとmicroSDが同じスロットに入ります。頻繁に出し入れしにくい構造です(頻繁に出し入れする人のほうが稀)。
S_4467123086472
iPhone6sと並べてみた図(左からiPhone6s、Xperia X Performance、Zenfone MAX)。
S_4467122777459
少しiPhoneより大きいですが言われないとわからないです。
S_4467122632015
個人的にレンズ部の仕上げが非常に美しいなと感じました。
S_4467122506363
気になる背面ですが、ドコモロゴがバッチリ入っています。が、メタルボディのためかそこまで目立たないです。
S_4467122063301
右上には”SO-04H”の文字がうっすらと刻まれています。
S_4467122216348
いろいろ言われているアンテナ部の樹脂ですがそこまで気になりませんでした。
P_20160616_002036

総評

Xperia Xシリーズの幕開けに相応しく、とにかく使いやすい機種だと感じました。今夏のモデルではスペック上では他社機種に比べ見劣りする点もあるのですが、この使いごごちはXperiaならではだと思います。指紋認証や手に収まる5インチのディスプレイ、綺麗なメタルボディなど随所に心遣いが感じられる製品です。
おそらく触ってみないとこの機種の魅力に気づけないと思いますのでぜひ店頭で手にとって見ることをおすすめします。

Xperia X Performance レビュー【スペック・デザイン編】 #Xperiaアンバサダー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。