Xiaomi mi4c フォトレビュー

巷で話題のXiaomi mi4cを購入しましたのでレビューです。

Xiaomiやその他中国メーカーの立ち位置はこの記事が参考になります。

HuaweiとXiaomiのバトル、新興勢力の台頭 2015年中国スマホ市場を総括する (1/2)
右肩上がりだった中国スマホ市場だが2015年は出荷台数が減少に転じるなど、成長鈍化が見られた。それでも買い替え需要は依然高く、新旧勢力がさまざまな製品を投入してきた。

スペック

  • 型番 小米手机4c (xiaomi mi4c)
  • 発売 2015年9月
  • サイズ 138.1 x 69.6 x 7.8 mm 132g
  • ディスプレイ 5.0インチIPS 1080 x 1920
  • チップセット Qualcomm MSM8992 Snapdragon 808
  • メモリ 2GB
  • OS Android OS, v5.1.1 (MIUI 7.0)
  • WiFi ac/a/b/g/n
  • 対応バンド
    FDD-LTE: Bands 1/3/7
    TDD-LTE:Bands 38/39/40/41
    3G: TD-SCDMA:Bands 34/39
    WCDMA:Bands 1/2/5/8
    CDMA 2000:Bands BC0 / BC1
  • USB Type-C 1.0

Snapdragon 808、USB type-cと最近よく見る感じのスペックです。
microSDが挿せないのが残念。

Oppomartで購入しました。
本体+ケースで231.99ドル、送料29.99ドル、合計261.98ドルでした。
12/30に注文して1/4に到着しました。配送はTNT。なかなかのスピードです。

集荷日時    31 Dec 2015
目的地 GUNMA
配達日時    12:26, 04 Jan 2016
日付  時刻  データ入力場所 状況
04 Jan 2016     12:26:00    Tokyo, Koto-ku  お荷物配達済み
03 Jan 2016     16:45:00    Tokyo, Koto-ku  配達業者へ引き渡し済み、翌営業日以降配達予定
03 Jan 2016     16:42:15    Tokyo, Koto-ku  お荷物が最終着地に到着
03 Jan 2016     16:14:00    Tokyo Narita Airport    通関完了
03 Jan 2016     15:51:34    Tokyo Narita Airport    お荷物が経由地に到着
03 Jan 2016     08:00:00    Tokyo Narita Airport    輸送便(空路/陸路)の到着遅延
03 Jan 2016     02:58:21    Tokyo Narita Airport    通関手続き中
03 Jan 2016     02:57:32    Tokyo Narita Airport    お荷物到着前の事前申告準備中
02 Jan 2016     03:00:46    Hong Kong   発送手配中
01 Jan 2016     14:51:44    Hong Kong   お荷物が経由地に到着
01 Jan 2016     06:28:15    Hong Kong   通関完了
01 Jan 2016     04:34:23    Shenzhen    発送手配中
01 Jan 2016     04:33:58    Shenzhen    お荷物が経由地に到着
01 Jan 2016     01:46:00    Shenzhen    発送地より出荷
01 Jan 2016     01:16:39    Shenzhen    発送手配中
01 Jan 2016     01:16:31    Shenzhen    発送地でお荷物確認済み
31 Dec 2015     18:47:43    Shenzhen    発送営業所にてお荷物受領確認済み
31 Dec 2015     17:20:35    Shenzhen    発送地にて集荷

フォト

オレンジ色の箱に入っています。
IMG_20160209_125419

購入したのはメモリ2GBモデルです。
IMG_20160207_102231

IMG_20160104_134356

IMG_20160209_125540

ロゴが控えめでいい感じです。プラスチックですがマット仕上げでさらさらしています。
IMG_20160104_134327

SIMスロットのピンやQuickCharge対応の充電器、USB Type-Cケーブルが付属します。Appleっぽい箱です。
IMG_20160209_125453

中身はMIUIです。MIUIはnexus5などにも焼けますので試してみるといいかもしれません。
IMG_20160209_125353

噂のデュアルスタンバイ

この機種を買う方の目的はlte+cdmaのデュアルスタンバイだと思います。
結論から言うと私の環境ではできませんでした。ちなみにmiui公式を入れてブートローダーがロックされたので(Xiaomi許さない)miuiのdev版romでの動作状況です。

  • au SIM
    GratinaのmicroSIM。プランSSシンプルでezwinなしです。オレンジ色、au 3G ②と記載されています。
  • docomo SIM
    mineo docomoプラン。通話・SMSなし。

もちろんドコモは問題なく掴みます。
いろいろやってみたのですが、auSIMでピクトは一応立ちますが通話できませんでした。

詳細は省きますが2chの371さんのような状況です。
完全にお手上げなので諦めました。

まとめ

よくある普通のスマートフォンですが、Snapdragon808で250ドルは驚きです。
デザインもアップルの丸パクリというわけではなく、中国でそれなりにブランド力があるのも頷けます。
かなりおすすめな機種ですね。

Xiaomi mi4c フォトレビュー

3 thoughts on “Xiaomi mi4c フォトレビュー

  • 2016-03-03 at 15:59
    Permalink

    自分はGratinaでプランeシンプルのみだと通話出来ませんでしたが
    EZwin加入してPRL更新すると通話出来ました
    保証は出来ませんが・・

    Reply
    • 2016-03-04 at 08:38
      Permalink

      コメントありがとうございます。
      EZwinだとパケ死しそうで怖いです。
      2ch見てる限りだとEZwinとPRL更新が必須っぽいですね。

      Reply
  • 2016-12-08 at 20:50
    Permalink

    はじめまして。
    TNTの検索より辿り着きました。

    初めてのTNTで、
    『お荷物が最終着地に到着』から
    どのくらいで、どうなるのだろう…ともやもやしてたのですが、
    こちらのブログを見れて
    もうすぐ着くのかな〜と安心しました。

    ありがとうございます!:)

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。