コンパクトでテレビ下に入る録画サーバ組んだ

Raspberry Piで録画サーバ立てていました(過去記事)。しかし、

  • LANが100Mbps、USB2.0なので転送が遅い
  • スペック低すぎて落ちる
  • USBチューナが安定しない

という問題点がありました。

どうしようもないので録画サーバを新たに立てることにしました。

方針

  • 自宅だとTVアンテナがあるのがリビングになるのでTVラックに収まる大きさ。
  • QSVでエンコード。
  • 5万円くらい。SkyLakeは見送り。
  • 静音(HTPCとして使えるレベル)。
  • Debian jessieでChinachu
    →IntelMediaSDK(QSVに必須)をインストールするのに非常に面倒だったのでCentOSにします。

構成

ケース

とにかく小さいのを選びました。拡張スロットがあるものでは最小クラスだと思います。安い割には作りがよく大満足。

マザー

中古でAsRockのZ87E-ITXを購入しました(ワンズで8000円)。LANがintelだったりSATAが6ポートだったりmini-ITXにしては豪華です。除湿機つき(さすがAsRock)。

CPU

Pentium G3220。QSVできれば何でも良かった。LinuxではQSVできません。SkyLakeではh265もQSVできるようです。

電源

あまり選択肢はありません。セミファンレス(60度以下だとファンが止まる)っぽい。電源入れてもファンが回らないのでビビります。

メモリ

余ってたhynixの1GBx2=2GB。メモリ高騰もおさまってきて去年の暮からは8Gx2で10000円切りです。ADATAとかならもっと安い。

HDD

ノートに入っていたWDの750GB。ケースには2.5インチしか入らない。
本当はHGSTとか使いたい…

PT3

みんな大好きPT3。ドスパラのほうが安いです。

カードリーダー

空前の確定申告ブーム()。gemaltoってSIMカードつくってるんですね。

完成形

1時間もあれば組みあがります。
高さはCDケース以下。
IMG_20160128_130508
IMG_20160128_130521
IMG_20160128_130233
結構ギチギチです。写真右奥のところにHDDベイが格納されています。狭い。
IMG_20160128_130915
ケースに延長ケーブル用のブラケットがあります。フロントUSB3.0のケーブルが太すぎて取り回しが大変でした。
IMG_20160128_131315
結構コンパクト。左のラックにあるプレーヤーはSONYのBDP-s5100です。
IMG_20160128_132055

感想

RaspberryPi捨てて今すぐPC組むべき。

ということで後ほどCentOSインストールする記事書きます。

ではまた。

コンパクトでテレビ下に入る録画サーバ組んだ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。