ミニバードにowncloudをインストールした

ネットオウルのミニバードというレンタルサーバでowncloudを使ってみたのでメモ。

流れ

いろいろなところで解説されているので詳細は省きますが、

  • webinstallerをダウンロード
  • /setup-owncloud.phpを開いてインストールを進める
  • インストールが終わったら.htaccessを確認(インストーラーで上書きされている)
  • ユーザー等を作成

という感じです。
ちなみにsqliteでもインストールできますが、エラー頻発で使えませんでした。

頻発するエラー

  • Warning: Unexpected character in input: '\' (ASCII=92) state=1 in /home/hoge/hoge.minibird.jp/public_html/index.php on line 41
    → 一瞬、はぁ?となりますがphpのバージョンが5.3未満です。もう一度確認しましょう。ちなみにwebinstallerを走らせると.htaccessが上書きされてバージョンが元に戻ってたりします。
    ミニバードの場合、AddHandler x-httpd-php5.5 .php .phpsなどと追記しておけばphp5.5が選択されます。

  • Warning: scandir(tmp-owncloudhogehoge/owncloud): failed to open dir: No such file or directory in /home/hoge/hoge.minibird.jp/public_html/setup-owncloud.php on line 153
    zipが落とせていないだけです。多分ssl周り?
    139行目あたりのurlを書き換えておけばいいと思います。

動いた

月250円で50GB。webdavも使えるので非常に便利です。大容量、同期型なクラウドではOneDriveがありますがOneDriveよりは格段に使いやすいかと思います。どこのレンタルサーバも共用SSLくらいはありますし十分実用的です。

キャプチャ11

ミニバードにowncloudをインストールした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。